« 我が家のルーキー | Main | 元気な春の野菜たちで »

勘が当たった日

オット様の帰り時間(というか帰れるかどうなのか)が
全くつかめない我が家は
平日お刺身を買うことはほとんどないのですが、
この日はなんとなーく勘が働き、
蒲田の駅ビル地下の魚屋さんでおいしそうな鰹を購入。

帰れなかったらヅケにしよう!と思っていたのですが、
勘が当たって、終電前に帰宅!
新鮮なうちにいただくことが出来ました^^

■鰹のカルパッチョ
Dsc03391
鯛などの白身にはレモンがよいですが、
鰹はバルサミコもよく合います。
バルサミコとオリーブオイル、塩を振ってペタペタペタ。
トッピングは大葉で。

 

■ポーククリーム
Dsc03393
メインは豚もも肉のクリームソース。
本当は豚ヒレで作るはずだったのですが、売り切れ!
仕方なくもも肉で代用しましたがやっぱり固い~^^;

ほんのりカレー風味をプラスしたクリームソース。
さっぱりのお肉にぴったりです。
付け合せはポテトとシメジでした。

 

|

« 我が家のルーキー | Main | 元気な春の野菜たちで »

Comments

ぢゃりさん

鰹のヅケはしたことがないので、どんな感じなのでしょうか?

私が作るヅケは醤油:酒:味醂=6:2:1の割合の合せ調味料で煮きり醤油を作って漬けています。
煮きり醤油は合せ調味を中火にかけ、沸騰したら10秒後に火をとめて冷ましています。
ぢゃりさんのはどういうのかなdelicious

Posted by: noripi | 2011.03.11 at 07:26

noripiさん
すごくコメントが遅くなりました。
仙台での数日間、おつかれさまでした。

さて、ヅケの割合ですが、
何しろいつも目分量で^^;
でもだいたい、醤油1、みりん+日本酒1。
みりんと日本酒の割合はそのときの気分です。

調味料を合わせたら漬ける用のタッパに入れ、
電子レンジにかけてアルコールを飛ばし、
冷めたら魚を漬けます
手抜きですね~^^

お刺身の余りを使うため量も少ないので、
漬けだれは全部で大さじ3ぐらい(醤油大さじ1.5、酒大さじ1弱、みりん大さじ1弱)。
漬けだれから切り身が出るときは、クッキングペーパーを上からかぶせると、少ないタレでも満遍なく浸かります。

Posted by: ぢゃり | 2011.03.29 at 23:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20583/51068026

Listed below are links to weblogs that reference 勘が当たった日:

« 我が家のルーキー | Main | 元気な春の野菜たちで »