« おいしい便利なご近所中華「宴客」@六郷土手 | Main | お休みします。 »

牛肉のイタリア風煮込み

コストコで買ったクラクラしそうな1.2キロのお肉。
半分はハンバーグにしましたが、残りは煮込みにしました。

ちょっと行程が多いように見えますが、材料は至ってシンプルですし、
時間さえあれば難しいことはありません。

ワイン煮込みとも、ビーフシチューともちょっと違う、イタリア風の煮込みです。

■牛肉のイタリア風煮込み
Dsc01470
<材料>3~4人分
牛バラ肉かたまり600g
玉ねぎ1/2個、人参(小さめ)1本、セロリの葉1本分、ニンニク1片、赤ワイン2カップ
トマト水煮1缶(今回は水1.5カップ、トマト2個、トマトペースト10gで代用しました)
ブイヨンキューブ1個、ローレル1枚、ローズマリー1枝
小麦粉、塩、胡椒、オリーブオイル適量

1.玉ねぎ、人参、セロリはみじん切り、ニンニクは包丁でつぶす。煮込み鍋にオリーブオイルをひいて、みじん切りの野菜と塩少々を加えて炒める。
 ※野菜の水分を飛ばすように炒めましょう。
2.牛肉は大きめにカットし、フォークで数箇所穴を開ける。小さじ1の塩と胡椒適量を全体にまんべんなく擦り込む。
3.2に小麦粉を薄くはたく。オリーブオイル大さじ1にニンニクとローズマリーで香りを出したフライパンで強火で表面全体を焼き付ける。(途中でニンニクとローズマリーは取り出す)
 ※香ばしく、キツネ色に焼き色がつくように強火でガンガン焼きましょう^^
4.全体に焼き色がついたら赤ワイン2カップを加えて強火でアルコールを飛ばす。
5.アルコールの匂いが飛んだら1の鍋に4を加えて中火に落としてワインが半分ぐらいになるまで煮詰める。
 ※これがとっても重要なので、必ず煮詰めてください。
6.つぶしたトマト水煮缶と、ブイヨンキューブ、ローレル、取り出しておいたニンニクとローズマリーを加え、沸騰したら弱火にして2時間コトコト煮込む。
7.牛肉が柔らかくなったら、一旦肉を引き上げて、ソースをざるなどで漉す。
 ※野菜カスだけが残るぐらいまで十分漉してください^^
8.漉したソースに肉を戻し、塩コショウ、砂糖(ひとつまみ程度)で味を調えたら出来上がり^^

***

一晩置くと味が落ち着きます。
付け合せはこふき芋と、塩茹でしてバター少々をまぶしたブロッコリ。
サイドメニューは刻みアンチョビを散らしたシンプルな野菜サラダにしました。

ソースも残らずパンにつけて、おいしくいただきました~^^

  

|

« おいしい便利なご近所中華「宴客」@六郷土手 | Main | お休みします。 »

Comments

はう~ん(* ̄ー ̄*)
お口の中が幸せいっぱになりそうな一品!
寒い日は、暖房を弱めて、コトコト煮込み料理でお部屋を
温めながら、美味しいものを作りたいです。
よし!
肉の特売日を狙うわ!!

Posted by: Halu | 2009.11.09 at 19:58

煮込みものを作ると部屋が暖まるよね~。
そうそう、特売日、是非狙ってみてください。
ちなみに豚のバラか肩ロースでも同じように作れると思いますよ~。

Posted by: ぢゃり | 2009.11.09 at 21:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20583/46703815

Listed below are links to weblogs that reference 牛肉のイタリア風煮込み:

« おいしい便利なご近所中華「宴客」@六郷土手 | Main | お休みします。 »